個人輸入代行利用規約

■個人輸入について

現在日本で認可されていない薬品について厚生省が定めた条件内でのみ個人輸入が認められています。

これらの薬品は日本では未承認薬ですので個人使用の目的でのみ個人輸入が行えます。

個人輸入で手に入れた未承認薬を譲渡や転売すると法的処罰の対象となりますので絶対に行わないでください。(薬事法22条)

薬事法により1回の個人輸入で入手できる最大量は2ヶ月分までですが要指示薬の場合は1ヶ月分と決められております。規定量を超えますと必要書類の提出を行わないと輸入する事はできません。

■商品について

商品は全て海外から航空便で依頼者のご自宅まで直送されます。薬事法により弊社国内営業所には一切在庫はありません。

商品は予告なくパッケージデザインが変更になる場合があります。

商品価格は現地卸価格、為替変動等により予告なく変更になる場合があります。

商品は個人輸入代行という業務の性質上クーリングオフ、PL法等については適用除外となります。

配送された商品の既破損や異商品の配送については弊社負担の再発送となります。輸送形態により外箱等が変形する可能性もありますが内容物が変質していない場合の返品はできません。

入手した国内未承認薬は依頼者個人の責任において服用し輸入後、万一服用の管理上からトラブルが生じてもトラブルの責任は依頼者個人に帰結し弊社は、一切責任を負いません。

■代行手続きについて

弊社(個人輸入代行業者)に個人輸入を依頼する事は依頼者個人が個人輸入する事と同じ事になりますが依頼商品が配送されるまでの責任は弊社に帰属します。

依頼者の個人情報は商品の配送のみに使用されます。部外者に漏洩する事は一切ありません。

入金確認後、即依頼商品の代行業務開始となりますので、ご入金後の代行依頼キャンセルはできません。

現地情勢等諸事情により依頼商品の入手が困難になった場合は振込み手数料も含めて全額返済します。

ホーム

PCサイト